英語での「年、月、日」の表現のバリエーションや省略形をまとめてみました。

意外に慣れるのに時間が掛かるのに英語での日付の書き方があります。日本の英語の教科書はアメリカ英語が基本となっているので、アメリカ英語=正しい英語と思いがちですが、日付の書き方についてはイギリス英語の方が世界ではメジャーだったりします。

早速それぞれの日付の書き方についてまとめていきたいところですが、そのまえに英語の「年、月、日、曜日」の表しかや書き方、およびそれらの短縮形を見ていきましょう。簡単と思うかもしれませんが、基本的な書き方は意外に忘れていたります。

英語の年の言い方

たとえば1985年は「nineteen eighty-fifth」、1900年は「nineteen hundred」と呼びます。しかし1905年は「nineteen oh five / nineteen hundred and five」という2つの言い方があります。

では、2000年、2005年、2015年などは英語ではどう表現すればよいのでしょうか。それぞれ纏めてみました。

西暦 英語での読み方
500年  the year five hundred
985年  nine eighty-five 
1900年  nineteen hundred 
1905年  nineteen oh five /  nineteen hundred and five」
1985年  nineteen eight-five
2000年  the year two thousand
2005年  two thousand and five
2015年  twenty-fifth

2000年「the year two thousand」、2005年は「two thousand and five」、2015年は「twenty-fifth」。それぞれ読み方のルールが異なるのに注意が必要です。

英語の月の言い方

英語の月の単語はいずれも長めです。そのため、省略して表記することが多々あります。省略形はそれぞれの英単語の頭文字3つをとるだけなので覚え易いです。

 月  英語  短縮形
1月  January  Jan.
2月  February  Feb.
3月  March  Mar.
4月  April  Apr.
5月  May  May. / May
6月  June  Jun. / June
7月  July  Jul. / July
8月  August  Aug.
9月  September  Sep.
10月  October  Oct.
11月  November  Nov.
12月  December  Dec.

5月の「May」だけは3文字なので、英単語そのままで省略形になります。また、「June」と「July」はもともと4文字なので、そのまま記述されることも多々あります。

英語の日にちの言い方

英語での日付の読み方は基本的に「数字+th」です。ご存知の通り「1st」「2nd」「3rd」は例外です。日付の書き方も数字によって微妙に異なります(中学校で勉強しましたよね)。

日付  英語 英語で書き方
 1日  1st  first
 2日  2nd   second
 3日  3rd  third
 4日  4th  fourth
 5日  5th   fifth
 6日  6th   sixth
 7日  7th   seventh
 8日  8th  eighth
 9日  9th   ninth
 10日  10th   tenth 
 11日  11th  eleventh
 12日  12th  twelfth
 13日  13th     thirteenth
 14日  14th  fourteenth
 15日  15th  fifteenth
 16日  16th  sixteenth
 17日  17th  seventeenth
 18日  18th  eighteenth
 19日  19th  nineteenth
 20日  20th  twentieth
 21日  21st  twenty-first
 22日  22nd  twenty-second
 23日  23rd  twenty-third
 24日  24th  twenty-fourth 
 25日  25th  twenty-fifth
 26日  26th  twenty-sixth 
 27日  27th  twenty-seventh
 28日  28th  twenty-eighth
 29日  29th  twenty-ninth
 30日  30th  thirtieth  
 31日  31st  thirty-first 

国別の英語の日付の書き方

地域によって表現の仕方が異なるため、意外に慣れるのに時間が掛かるのに英語での日付の書き方があります。基本的にイギリス式とアメリカ機の二通り分かれるのですが、現在ではこのようになっています。

順番 例(2015年1月1日)
イギリス 日+月+年 1 Jan 2015
アメリカ 月+日+年 Jan 1, 2015
カナダ 日+月+年 / 月+日+年 1 Jan 2015 / Jun. 1, 2015
オーストラリア 日+月+年 1 Jan 2015
ニュージーランド 日+月+年 1 Jan 2015
シンガポール 日+月+年 1 Jan 2015
南アフリカ 日+月+年 1 Jan 2015

カナダでは両方の書き方が採用されています。上の表を見ていただければ、学校で勉強した「Jun. 1, 2015」は北米でしか使われていない表現という事が分かります。

まとめ:日付は「日+月+年」の方が便利かも

日本にいても英語での日付の書き方に慣れてると、パソコンでデータを処理したり、ドキュメントを保存したりするときに便利です。時間の短縮になります。

仕事で海外の取引先にデータを送るときも、英語で日付が打ってあると変更する必要もないですし、タイトルを見ただけで、いつ作成されたものか分かります。

もちろん個人の好みにもよりますが、筆者としては「カンマ(,)」が必要な「月+日+年」で表記するアメリカ式より、一気に書けてしまう「日+月+年」で表記するイギリス式をオススメします。

たとえば、2016年1月1日なら「1 Jan 2016」、「2017年12月31日」なら「31 Feb 2017」です。後ろから前へ(日→月→年)と逆にして書くだけなので楽ちんだと思いませんか。慣れると病みつきになります。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

英語での「年、月、日」の表現のバリエーションや省略形をまとめてみました。
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事