ネイティブキャンプ(Native Camp)が話し放題という評判は本当なのか!?月額定額制オンライン英会話の紹介!

あなたは英語で自分の思いをサクっと伝えることができますか?

「勉強しないといけないと思ってるが続かない」
「TOEICの点数はしっかりとしている」
「ちゃんと英単語帳は定期的に見ている」

日本では英語に興味があったり、英語の学習にお金や時間を掛ける人は多いですが、英語だけでコミュニケーションが取れる人はとても少ないです。

一方でカンボジア、インド、フィリピンなどの途上国では、日本より教育環境は劣悪であるにも関わらず英語だけでコミュニケーションが人が多いです。

何故でしょうか!?

結論から言うと、こういったアジア諸国の人々は英語を日常的に話す・使う機会が著しく多いからです。

日本では様々な工夫を凝らした英語教材を見かけますが、英語コミュニケーション能力をつけたいのであれば、余計な小細工は不要。

ぶっちゃけ英語は学ぶものではなく使うものという意識で、英語を話す・使う機会を増やせば、英語力は確実に伸びます。

英語が苦手な日本人が多い理由とその改善策。日常会話に使える実践的な英語表現集と効果的な学習方法!
英語は本来はとてもシンプルな言語です。全ての単語が26文字の簡単なアルファベットで成り立っていて、文...

だって日本語ができるようになったのも「友達とおしゃべりしていた」「漫画を読んでいた」「好きなバラエティ番組をTVで見てた」からじゃないですか?

そりゃ「学校できちんと習ったから」という意見もあるでしょうが、登校拒否していた引きこもりだって日本語のおかしい人はいないし。

むしろ楽しみながら日本語をネットで使っていた引きこもりの人の方が、国語力が高いことって結構あるような気がしますよね。

最終的に自分が好きなことを英語で続ければ、嫌でもできるようになります。とはいえ、何から手をつけたら良いのか分からない人が多いでしょう。

そんな人にはオンライン英会話で自分の好みの異性とお喋りしてみる事をおすすめします。

そのためのツールとしてオススメなのが、月額定額制で話し放題のサービスとしてオンライン英会話ネイティブキャンプ(Native Camp)す。


Native Camp(ネイティブキャンプ)とは

ネイティブキャンプは、ネット環境があれば何時でも何処でもしゃべり放題のオンライン英会話。利用したことが人であれば「フィリピン人の講師ばかりだしな…」という感想をもっているかもしれません。

しかし、現在ではフィリピン人、セルビア人の講師をはじめ…

イギリス、ブルガリア、ナイジェリア、南アフリカ、ジンバブエ、ボスニア、ハンガリー、オランダ、モンテネグロ、ペルーの国籍の先生が選べます。

オンライン英会話業界では、月額定額制のサービスはそこそこありますが、月額定額制でしゃべり放題というのは前代未聞です。

他のしゃべり放題系の英会話オンラインとのサービスを比較するよこのようになります。

 オンライン英会話名  月額料金  1回毎レッスン時間  1日レッスン上限
 Hanaso(ハナソ)  9,600円  25分  2回
 BIzmates(ビズメイツ)  18,000円  25分  2回
 Rarejob(レアジョブ)  6,780円  25分  1回
 DMM英会話  11,500円  25分  3回
 NativeCamp(ネイティブキャンプ)   5,500円   25分  上限なし(無制限) 

講師の国籍やレッスンスタイルなどサービスに微妙な違いがありますが、ネイティブキャンブが明らかに安いことが一目瞭然ですよね。

Native Camp(ネイティブキャンプ)のメリット

その他ネイティブキャンプは利用者にとってうれしい特典ばかり。ネイティブキャンプのメリットをまとめると、こんな風になります。

①本当に24時間365日受け放題
②毎回のレッスンの予約不要
③専用システムを使うのでスカイプ不要
④スマートフォンアプリでも受講可能
⑤1000種類以上のテキストが無料
⑥無料トライアル期間が1週間あり

①本当に24時間365日受け放題

実際に試してみましたが本当に24時間365日間しゃべり放題でした。

1回毎に25分間のレッスンですが、講師さえ選ばなければ何度もレッスンを受講することができます。受講可能な講師は青色、準備中は黄色、取り込み中は赤色で表示されます。

平日の夜や休日は需要が上回りすぎてるので、赤色講師ばかりで先生をえり好みできません。

しかし、画面更新の「F5キー」を推して青色講師をさがし直ぐ受ける…という作戦をとれば本当に受け放題です。

本当に24時間365日しゃべり続けることができます。

①毎回のレッスンの予約不要

ネイティブキャンプでは課金することにより予約することが可能です。

システム内で「コイン」を購入して予約するのですが、1回の予約に必要なコインは200ポイント。

 コイン枚数 費用  デバイス
 200  240円  アプリ
 1,000 1,000円  パソコン
 3,200 3,000円  パソコン
 5,400 5,000円  パソコン

とはいえ、もちろん予約せずに受け続けることも可能です。

特にお気に入りの先生がいるという訳でなければ、画面更新の「F5キー」を時々おしながら青色講師を探すことをオススメします。

③専用システムを使うのでスカイプ不要

ネイティブキャンプではマイペースでレッスンを申し込むと、その場でレッスンがはじまります。

ビデオカメラ、音声通話、チャット等はもちろん。教材の参照やレッスンメモも同じインタフェースできます。

ウェブベースなのでGoogle ChromeでもでもFirefoxでも使うことができます。わざわざスカイプを開いてログインして、メモを開いて、PDFを開いて…などという手間は不要です。

④スマートフォンアプリでも受講可能

ズボラな筆者が最もよく利用していたのが、スマートフォンアプリ。アイフォンとアンドロイドともに対応しているので使い安いです。

近年の若い人はパソコンをあまり使わない人も多いですが、そんな人でも安心ですよね。

もちろん、ネイティブキャンプならアプリからでも教材やチャットを閲覧することができるので、寝転びながらでもレッスンを受けることができる。

こればっかりは実際に使ってみないと分からないので、とにかく試してみることをオススメします。

⑤1000種類以上のテキストが無料

ブラウザ上、アプリ上で利用できるネイティブキャンの教材は、非常にシンプルで豊富です。

シチュエーションごとにテキストが用意されているので実践的な英語表現が学べます。

ぶっちゃけ講師の技術にはバラツキがありますが、テキストが非常によく出来ているので、レッスンのクオリティも一定レベルに保たれている印象です。

⑥無料トライアル期間が一週間あり

そんなお得すぎるネイティブキャンプ、一週間も無料のトライアルを受けることができます。

登録すると講師の予約に使えるコインが500ポイント(1,000円分)えます。ただし無料トライアル終了後はそのまま月額課金が開始。

それにしても、通常は月額5,500円を払って1,000円分を払わないともらえない500ポイントも無料トライアルで利用できるなんて、太っ腹だと思います。

1週間だけなら金銭的負担はゼロなので、ぜひ登録だけでもしてみればよいかと思います。

Native Camp(ネイティブキャンプ)のデメリット

そんなオススメなネイティブキャンプですが良い事ばかりなのでしょうか。月額5,500円で至れり尽せりに見せますがデメリットも当然あります。

①講師が疲れている場合が多い
②ネイティブスピーカーのレッスンが高い
③クレジットカード登録で自動課金
④レッスン可能な講師がいない場合も

①講師が疲れている場合が多い

いつでもどこでもレッスンが受け放題だという事は、逆に考えれば向こうは24時間365日稼働中だということ。

講師は基本的にフィリピン人かセルビア人がメインなのですが、レッスンのし過ぎで疲れてそうな人も若干いました。

そして、もちろん経験がある先生もいますが、23~27歳くらいまでの若い先生が多いといった印象をうけました。

なかには「他の英会話スクールの入社試験を受けたが落ちたのでネイティブキャンプで働くことになった」とはっきり言う講師もいました。

とはいえ、なんだかんだ言って向こうも日常的に英語を使っているフィリピン人やセルビア人なので、英会話練習の相手としては申し分はないですが。

マケドニア、ハンガリー、ブルガリア等の東欧の講師も夜には増えますが、クオリティを気にする人は、気になるかもしれません。

②ネイティブスピーカーのレッスンが高い

オンライン英会話の名前がネイティブキャンプなのにネイティブスピーカーはいないのか。いやいやフィリピン人やセルビア人だって立派な英語のネイティブスピーカーです。

しかし英語でればイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの欧米圏の英語モノリンガルの先生から学びたいという人もいるでしょう。

実はネイティブキャンプには欧米圏の先生のレッスンを受けることもできます。しかし欧米圏の先生を予約する場合は予約をする必要があります。

そして、その場合のレッスン料がとても高い。

レッスン1回(25分)につき500コイン、つまり1,000円も掛かります。

欧米圏の先生のレッスンを受けたいなら、レアジョブなりDMM英会話なり他のオンライン英会話に登録した方が良さそう。

③クレジットカード登録で自動課金

無料トライアル登録する時点でクレジットカードを登録する必要があります。

そして無料期間を終えると自動的に月額課金になってしまうので、退会申請をしないと永遠に月額5,500円払うことになります。

他のオンライン英会話を試そうと思ったり、合わなくて退会する場合は、必ず退会手続きをするように注意をする必要があります。

④レッスン可能な講師がいない場合も

これはメリットである24時間365日受け放題の裏返しでもあります。

四六時中受け放題であるため、夕方、週末などの込み合う時間帯は受講できる青色ステータスの講師がいない、という状況に陥ることがあります。

「F5キー」を推して画面更新しつつ青色講師を見つけたらすぐに受講希望するよう動かないと、そもそもレッスンを受けることができないです。

Native Camp(ネイティブキャンプ):まとめ

ネイティブキャンプは多少のデメリットはありつつも、メリットがそれを上回っています。

やはり24時間365日、いつでもどこでも英語のレッスンを受けることがきるというメリットは計り知れないです。

レッスンが混雑していることがあっても、サクサク画面更新してさがせば受講可能な先生は必ずいます。

また英語の訛りは英語圏の欧米人とは違うとはいえ、フィリピン人の話す英語は国際的にも非常にレベルが高く、欧米人からもフィリピン人の英語には定評があります。

テキストの種類もビギナーレベル含めれば1000種類以上あり、こなしきれない量です。よくオンライン英会話や英会話スクールで…

「先生の質が悪い…」
「質の高い授業が受けたい」
「やはり欧米人の先生でないと」

なんて言う人がいますが、できる人は英語が話す環境さえあれば、ネイティブ級のレベルまで上り詰めることができます。

そんなネイティブキャンプ、なんと2018年4月30日までに登録すれば、2,000円分のコインがもらえるキャンペーン実施中です。

この機会にネイティブキャンプに登録だけでもしてみることをオススメします。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい簡単な英語表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

以下は当サイトのおすすめ記事です。英語コミュニケーション力をつけたい人にオススメのオンライ英会話プログラムと…

ネイティブキャンプ(Native Camp)が話し放題という評判は本当なのか!?月額定額制オンライン英会話の紹介!
あなたは英語で自分の思いをサクっと伝えることができますか?
「勉強しないといけないと思ってるが続か…

英語コミュニケーション力を団体やグループ単位へつけさせたい担当者向けの英会話講師派遣プログラムです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならファイン(FINE)。
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしてい…

こちらも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

ネイティブキャンプ(Native Camp)が話し放題という評判は本当なのか!?月額定額制オンライン英会話の紹介!
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事