英語学習おすすめサービス15選!

初心者向け英語学習サービスまとめ

記事を読む

「優柔不断」は英語で何て言うの?

英語表現

誰かと一緒に行動したり予定を立てたりするとき、相手に「どこでもいいよ」「何でもいいよ」と言われ続けると、ついつい「優柔不断だな」と思ってしまうことはないでしょうか。

また、あなたがなかなか物事を決心できないとき「ごめん、私は優柔不断で」と言い訳をしたくなることはないでしょうか。

「優柔不断」は英語でどう表現すればよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ indecisive:決断力のない、優柔不断な
■ wishy-washy:どっちつかずの、及び腰の、なよなよした
■ with a weak mind:優柔不断で
■ be bad at making decision:決断が苦手

こんな言い方ができます

■ I still cannot decide if I should travel to Los Angeles or New York. I am so indecisive.
(まだロサンゼルスに行くべきかニューヨークに行くべきか決められない。おれは本当に優柔不断だ。)

■ Do you know Tom has been dumped by Mary because of his wishy-washy attitude?
(トムが優柔不断な態度のせいでメアリーに振られたって知ってる?)

■ Honestly, I don’t like the girl with a weak mind.
(正直、優柔不断な女の子は好きじゃないんだ。)

■ I cannot decide which Pokemon I should level up. I am so bad at making decision.
(どのポケモンをレベルアップすべきか決められない。おれは本当に優柔不断だ。)

補足

優柔不断とイコールな意味で使えて便利なのは「indecisive」ですが、話し相手にとって最も伝わりやすいのは「be bad at making decision」でしょう。

また、そこまで酷くはないけど少し優柔不断だと表現したい場合は「be not good at making decision」なんていう言い方も使えます。

「wishy-washy」はどちらかというとスラング的な表現なので、場合によっては伝わらないこともあるかもしれないです。

コメント