「二次会」は英語で何て言うの?

同僚や友人の誕生日会や結婚式。あるいは食事会や飲み会。日本では、そういった場で一通り飲み食いが終わったあと「二次会に行こうか?」という話になりますよね。

北米やヨーロッパなどの英語圏では、ホームパーティーやバーベキューで楽しむ場合も少なくないですが、もちろん飲食店や飲み屋に行くときもあります。

そのため海外でも一通り会が終わったあと「二次会に行こうか?」という話もなることも当然あります。英語話者も二次会はしますし、海外にも二次会はあります。

それでは英語で「二次会」はどう表現すればよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ after-party:二次会
■ second party:二次会
■ follow-up party:二次会

こんな言い方ができます

■ Will you go to the after-party?
(あなたは二次会に行きますか?)

■ I would like to join your wedding after-party.
(貴方の結婚式二次会に参加させて頂きたいです。) 

■ Do you come to the second party today?
(今日は2次会に来ますか?)

■ Unfortunately we don’t have a second party this time.
(残念だけど今回は二次会はやりません。) 

■ There was a follow-up party the day after the drinking party.
(飲み会の後に二次会がありました。)

■ I am going to host a follow-up party tonight.
(今日はぼくが二次会を主催する予定です。)

補足

「二次会」は英語でも日本語と同じような感覚で表現することができます。「after-party=後のパティー」「second party=二番面のパーティー」「follow-up party=次のパーティー」とイメージすると覚えやすいです。

結婚式の二次会、誕生日の二次会と言いたいときは、「after wedding party」「after birthday party」と言うこともできますし「wedding after-party」「birthday after-party」という表現も可能です。

他の英語の表現とは異なり、柔軟に語順をもってくることができるので、覚えやすいし使いやすい二次会。ぜひ覚えて使えるようにしましょう。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「二次会」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事