「娑婆(シャバ)」は英語で何て言うの?

ドラマ、アニメ、映画などの世界で、長いあいだ別世界にいたキャラクターが、久しぶりに現実世界に戻ってくる。そして「娑婆(シャバ)の空気はうまい!」と言っている場面をときどき見かけます。この「娑婆(シャバ)」とは、いったい何なのか疑問に思ったことはないでしょうか。

「娑婆(シャバ)」は「梵、sahā」とも表記される仏教由来の言葉。釈迦がこの世で布教するための世界。すなわち我々が生きている現実世界を意味します。そのため「娑婆(シャバ)の空気」とは現実世界の空気ということになります。

しかし、このセリフを発する主体自身が、現実世界とは別の世界にいたことを前提とするので、ドラマ、アニメなどの架空の世界でしかあまり見かけないわけですね。

日本のドラマやアニメは、英語に吹き替えられて海外に広く輸出されています。それでは「娑婆」は、そういった作品の中で、どのように英語で表現されているのでしょうか。


こんな単語や表現を使います

■ outside:外界
■ this world:この世界
■ free world:自由な世界
■ present world:現実世界

こんな言い方ができます

■ I haven’t been outside for a long time.
シャバは久しぶりだ。)

■ I’m not long for this world.
(そろそろシャバともお別れだ。)

■ I was looking forward to breatheing the air of this free world.
シャバの空気が吸えるのを待ち望んでいたぜ。)

■ It took a long time to come back to this present world.
シャバに戻ってくるのに長い時間を費やしてしまった。)

補足

「娑婆(シャバ)」は現実世界のこと。そのため英語でもあの世や牢獄などと比較させて「outside(外界)」「this world(こちらの世界)」と表現する他ありません。

長いあいだ刑務所や牢獄に入っていて、出所してきた際に使える「娑婆(シャバ)」は「outside(外界)」です。一方、ドラマ、アニメ、映画などで使われる「娑婆(シャバ)」は「this world(この世界)」がしっくりきます。

「シャバの空気」という如何にも自由の身になった後に言えそうなフレーズに使えそうなのは「free world」。そして、亡くなる前の「シャバ」は、死後の世界と対比させた「present world」がイメージしやすい訳です。

一言に「娑婆(シャバ)」と言っても様々な表現が使えます。是非どれか覚えて使ってみることをお勧めします。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい簡単な英語表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

以下は当サイトのおすすめ記事です。英語コミュニケーション力をつけたい人にオススメのオンライ英会話プログラムと…

ネイティブキャンプ(Native Camp)が英語を学習する日本人になぜオススメなのか徹底解説!月額定額で話し放題のオンライン英会話が最強すぎるワケ。
女性のみなさん、高学歴高給風のイケメン外国人に話しかけられたら、スラスラと格好よく返事ができますか?…

英語コミュニケーション力を団体やグループ単位へつけさせたい担当者向けの英会話講師派遣プログラムです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならファイン(FINE)。
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしてい…

こちらも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「娑婆(シャバ)」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事