「雑魚(ざこ)」は英語で何て言うの?

子供のころにクラスメートや友達とじゃれあいの喧嘩になる。そして「この雑魚(ザコ)が!」などと言って喧嘩した経験はないでしょうか。

「雑魚(ざこ)」は雑草の「雑」という漢字を使うことからもイメージできる通り、とるに足らない価値のない小魚という意味です。

そこから転じて、大物と比較して、小者を指すようになりました。アニメで例えるなら、ガンダムの「ザク」、ドラゴンボールの「栽培マン」が典型的な雑魚ですよね。

どちらかというと汚いスラングですが、英語の方がこういった表現は多いです。「雑魚(ざこ)」は英語ではどう表現すればよいのでしょうか。


こんな単語や表現を使います

■ idiot:馬鹿、阿呆、雑魚
■ loser:敗者、負け犬
■ small fry:取るに足りない奴ら
■ wimp:弱虫、意気地なし

こんな言い方ができます

■ That dude is such an idiot.
(あいつは雑魚だよ。)

■ Hey loser. Do you think you can run away from here?
(おい雑魚。ここから逃げられるとでも思ってるのか?)

■ They are just small fry.
(あいつらはただの雑魚だよ。)

■ Hey wimp! Lend me money.
(おい雑魚!金貸せよ。)

補足

喧嘩の際によく使われる「雑魚(ざこ)」のような意味で使われる英語表現は「idiot」「loser」です。

「wimp」も意気地なし、弱虫と言って相手を貶めるときに使う表現なので「雑魚(ざこ)」に近いです。しかし、日本語の「雑魚(ざこ)」に最も近い英語表現は実は「small fry」です。

「fry」は小魚や稚魚の事ですが、これに「small」をつけることで、本当に取るに足らない存在というニュアンスになります。ちななみに「fry」は複数表現になるので、相手が一人の場合は「a small fry」といったように冠詞をつける必要があります。

とはいえ、やはり最もストレートで伝わりやすいのは「idiot」「loser」でしょう。あまり使う機会もないと思いますが、「idiot」「loser」の応用として「wimp」「small fry」が使えればベストでしょう。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい簡単な英語表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

以下は当サイトのおすすめ記事です。英語コミュニケーション力をつけたい人にオススメのオンライ英会話プログラムと…

ネイティブキャンプ(Native Camp)が英語を学習する日本人になぜオススメなのか徹底解説!月額定額で話し放題のオンライン英会話が最強すぎるワケ。
女性のみなさん、高学歴高給風のイケメン外国人に話しかけられたら、スラスラと格好よく返事ができますか?…

英語コミュニケーション力を団体やグループ単位へつけさせたい担当者向けの英会話講師派遣プログラムです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならファイン(FINE)。
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしてい…

こちらも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「雑魚(ざこ)」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事