「国語、算数(数学)、社会」などの教科は英語で何てうの?

英語表現

近ごろ小学校での「プログラミング」の必修化が騒がれていますが、特別な活動として英語を習う「外国語活動」については板についてきた気がしますよね。

今のところ小学校で習う教科は「国語、社会、算数(数学)、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、体育」、そして特別な活動として習うのは「道徳、外国語活動、総合、特別活動」です。

しかし現在「外国語活動」「道徳」の教科化への移行期間で、これは2020年度から小学校で完全実施となります。

この調子でいけば将来的にはプログラミングの教科化も、そう遠い未来ではない気がしますね。

このような「国語、算数(数学)、社会」などの学校での教科は、英語でどう表現すればよいのでしょうか?

こんな単語や表現を使います

学校で習う教科は細分化すると非常にたくさんあります。今回は、小・中学校で習う教科を中心にまとめていきました。

教科名 英語
国語 Japanese
算数 / 数学 arithmetic / mathmatics(math)
生活 living environment studies 
社会
歴史
地理
公民
倫理

social studies
history
geography
civics
ethics

理科
化学
物理
地学

science
chemistry
physics
earth science

英語 English

保健体育
保健
体育

physical and health education
health
physical education (P.E)

美術
図画工作

arts
drawing and crafts

技術 / 技術の先生
家庭

industrial arts (technology) / shop teacher
homemaking(home economics)
音楽 music
習字 calligraphy

特別活動
総合的な学習の時間

special activities
integrated studies

こんな言い方ができます

■A:What subject do you like the best? B:I like math best.
(A:どの教科が一番すきですか? B:数学が一番好きです。)

■I hate English but I like my English teacher.
英語は嫌いですが英語の先生は好きです。)

■Do you know that our P.E. teacher is having an affair with your mom?
(おれらの体育教師がお前のお母さんと不倫してること知ってる?)

■Today I cut my thumb at the art class.
(今日は美術の授業で親指を切りました。)

■I would like to be a shop teacher in the future.
(将来は技術の先生になりたい。)

■We don’t know what to reach at integrated studies.
総合的な学習の時間で何を教えたらよいか分かりません。)

補足

いかがでしょうか。意外に言われてみればどう表現すればよいか分からない!という単語も多かったのではないでしょうか?

特に「公民=civics」「倫理=ethics」「地学=earth science」「総合的な学習の時間=integrated studies」などは、ふだん英語に親しんでいても、すぐに出てくる人は多くなさそうです。

特筆すべきは、技術は「industrial arts (technology)」ですが、技術の先生は「shop teacher」と呼ばれることです。「shop」には「作業室、工作室」という意味があり、技術の先生=shop teacher」という表現を使います。

コメント