「憂鬱」は英語で何て言うの?

宿題が終わらないとき、仕事が山ほどあるとき、恋人にふられたとき。人は憂鬱になってしまうことが沢山あります。

ストレス社会である日本に住んでいる人であれば、憂鬱になった事は1度や2度ではないはず。そんな「憂鬱」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ depress:憂鬱にする、意気消沈させる、
■ be(get) down:落ち込んだ、
■ be(get) bummed:落ち込んだ、へこんだ、元気のない、
■ moody:不機嫌な、憂鬱な、むっつりした
■ feel like shit:最低な気分

こんな言い方ができます

■ Michiko is so depressed today so that she only had 5 bowls of rice.
(ミチコは今日は憂鬱なのでご飯を5杯しか食べなかった。)

■ Don’t you think the girl who gets down is cute?
憂鬱な女の子は可愛いと思わないか?)

■ Since I am scolded by my mom, I’m so bummed today.
(お母さんに怒られたから、今日はとても憂鬱だ。)

■ My colleagues are really good at making others moody.
(ぼくの同僚は他の人を憂鬱にさせるのが上手いんだ。)

■ I’ve lost my 100 yen. I feel like so shit.
(100円落としちゃったよ。とても憂鬱な気分だ。)

補足

英語での「憂鬱」の表現は、ここで挙げた例意外にもたくさんありますが、最も一般的なのは「depress」でしょう。状況に応じて「get(be) down」を使えればよし。

憂鬱なだけではなく、少し期限が悪いときは「moody」も使えればベストです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「憂鬱」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事