「加害者」は英語で何て言うの?

日本ほど安全な国は珍しい。よほど裕福で治安の良い国でない限り、海外では常に詐欺や犯罪との隣り合わせです。そんなわけで新聞やニュースでは、毎日のように事件や犯罪の「加害者」という単語を聞いたり目にしたりします。「加害者」は英語ではどう表現するのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ assailant:攻撃者、襲撃者
■ victimizer:加害者
■ perpetrator:犯人、加害者
■ abuser:乱用者、虐待者
■ a person who caused damage:加害者

こんな言い方ができます

■ This assailant was sentenced to 10 years in prison.
(この加害者には懲役10年の判決が下された。)

■ They must be partners, not victim and victimizer.
(彼らはパートナーではなく、被害者と加害者に違いない。)

■ The first person to speak against a crime tends to be the actual perpetrator.
(犯罪について最初に言及した人が加害者である傾向がある。)

■ Sexual abusers will always insist the jealousy is a sign of love.
(性的加害者は常に嫉妬は愛情の証明であると主張する。)

■ Even if you were a person who caused damage, I will protect you.
(もし君が加害者だったとしても、僕は君を守るよ。)

補足

「加害者」は英語では様々な言い方ができますが、単語によってニュアンスが異なります。「加害者」と意味が近い単語に「criminal(犯罪者)」「murder(殺人者)」がありますが、限定的なので割愛しました。最も汎用的に使うことができる表現は「assailant」「perpetrator」でしょう。「victimizer」も「victim(被害者)」と対比しやすいので覚え易いです。「a person who caused damage」は損害を与えた人という直訳ですが、表現が長すぎるので実用的ではないです。やはり「加害者」と言いたいのであれば「assailant」「perpetrator」「victimizer」あたりを使うとよいでしょう。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「加害者」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事