「節分」は英語で何て言うの?

日本の季節の移り変わり目は「節分」と呼ばれています。春、夏、秋、冬の4つの季かれ目であるから「節分」と呼ばれていたそうですが、現在は立春の前日を指します。

日本独特のものであるからこそ、外国人に節分を説明するのは難しいです。「節分」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。


こんな単語や表現を使います

■ the day before a change in seasons:季節の変わる日
■ the day before beginning of spring:節分
■ the last Day of winter:冬の最後の日
■ bean-throwing festival:豆まき祭
■ seasonal watershed:節分、季節の分岐点

こんな言い方ができます

■ Today is the day before a change in seasons according to the calendar.
(カレンダー上では今日が節分の日です。)

■ On February 3rd, many shrines are celebrating the day before beginning of spring.
(2月3日には。多くの神社が節分を祝います。)

■ Let’s go to shrines to defeat evils on the last Day of winter.
節分の日に鬼をやっつけに神社へ行こうぜ。)

■ Many people celebrate the Bean-Throwing Festival at temples in Japan.
(日本では多くの人々が神社で節分を祝います。)

■ I don’t want to go out on seasonal watershed as I’m afraid to encounter evils.
(鬼に遭遇してしまうのが怖いから節分には外出したくない。)

補足

「節分」は海外にない概念のため、どうしても長い表現になりがちです。見ての通り「the day before a change in seasons」と「seasonal watershed」は季節やそれを匂わす単語(bean/豆)が含まれていないため、短順位「季節の移り変わりの日(時期)」という意味としても使えます。

少々まどろっこしいですが、日本に馴染みのない外国人に「節分」と言いたいときは「the day before beginning of spring」を使った方がよさそうです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい簡単な英語表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

以下は当サイトのおすすめ記事です。英語コミュニケーション力をつけたい人にオススメのオンライ英会話プログラムと…

ネイティブキャンプ(Native Camp)が英語を学習する日本人になぜオススメなのか徹底解説!月額定額で話し放題のオンライン英会話が最強すぎるワケ。
女性のみなさん、高学歴高給風のイケメン外国人に話しかけられたら、スラスラと格好よく返事ができますか?…

英語コミュニケーション力を団体やグループ単位へつけさせたい担当者向けの英会話講師派遣プログラムです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならファイン(FINE)。
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしてい…

こちらも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「節分」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事