「節分」は英語で何て言うの?

日本の季節の移り変わり目は「節分」と呼ばれています。春、夏、秋、冬の4つの季かれ目であるから「節分」と呼ばれていたそうですが、現在は立春の前日を指します。

日本独特のものであるからこそ、外国人に節分を説明するのは難しいです。「節分」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ the day before a change in seasons:季節の変わる日
■ the day before beginning of spring:節分
■ the last Day of winter:冬の最後の日
■ bean-throwing festival:豆まき祭
■ seasonal watershed:節分、季節の分岐点

こんな言い方ができます

■ Today is the day before a change in seasons according to the calendar.
(カレンダー上では今日が節分の日です。)

■ On February 3rd, many shrines are celebrating the day before beginning of spring.
(2月3日には。多くの神社が節分を祝います。)

■ Let’s go to shrines to defeat evils on the last Day of winter.
節分の日に鬼をやっつけに神社へ行こうぜ。)

■ Many people celebrate the Bean-Throwing Festival at temples in Japan.
(日本では多くの人々が神社で節分を祝います。)

■ I don’t want to go out on seasonal watershed as I’m afraid to encounter evils.
(鬼に遭遇してしまうのが怖いから節分には外出したくない。)

補足

「節分」は海外にない概念のため、どうしても長い表現になりがちです。見ての通り「the day before a change in seasons」と「seasonal watershed」は季節やそれを匂わす単語(bean/豆)が含まれていないため、短順位「季節の移り変わりの日(時期)」という意味としても使えます。

少々まどろっこしいですが、日本に馴染みのない外国人に「節分」と言いたいときは「the day before beginning of spring」を使った方がよさそうです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「節分」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事