「下駄を履かせる」は英語で何て言うの?

みなさんは学生時代の頃。学校の成績はいかがでしたか。とても成績が悪くて次の学年に上がれない。大学入試で受験するのに少しだけ規定の成績に達しない。そんな時は優しい学校の先生が成績に下駄を履かせてくれる、なんてことはなかったでしょうか。

本当はしてはいけない事ですが、恐らく多くの学校の先生が、生徒たちの成績に下駄を履かせているでしょう。「下駄を履かせる」は英語ではどう表現するのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ inflate:つり上げる、誇張する
■ jack up:つり上げる、引き上げる

こんな言い方ができます

■Did you know that Mr. Andrew inflated Mary’s test score?
(アンドリュー先生がメアリーのテストの点数に下駄を履かせたって知ってる?)

■Could you please inflate my son’s score?
(どうかうちの息子の成績に下駄を履かせてやってはくれませんでしょうか?)

■Don’t worry! I can jack up your daughter’s score if you listen to me.
(心配はいりませんよ。もし私の言うことを聞くのであれば娘さんの成績に下駄を履かせてあげますよ。)

■Mr. Lee, could you please jack up my score? I can do anything for you.
(リー先生、お願いだから私の成績に下駄を履かせてくれない?何でもするから。)

補足

英語には下駄を履かせるという表現がないので「成績をつり上げる」という言い回しで「下駄を履かせる」と表現する他ありません。

「inflate」は私たちが日本語でもよく使う「インフレ(物価が上がっていく現象)」の語源でもあり「つり上げる」というのが基本的な意味です。「jack up」も「ジャッキで持ち上げる」という語源からくる「つり上げる」という意味の表現。

「下駄を履かせる=inflate/jack up the score」と暗記して使うとよいでしょう。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「下駄を履かせる」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事