ネイティブキャンプ(NativeCamp)

24時間365日喋り放題の英会話

詳しく見てみる

「下ネタ」は英語で何て言うの?

英語表現

あなたは下ネタに抵抗がありますか。全く問題ないという人もいれば、一切受け付けないという人も多いと思います。しかし、ある程度仲の良い間柄であれば、下ネタでもっと急接近できるのも事実。

一般的に男性は例外なく下ネタに興味があり、女性も実は興味がある人がいる、という事は世界共通です。「下ネタ」は英語ではどう表現すればよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ blue joke(story):きわどい冗談、下ネタ
■ dirty joke(story):下品な冗談
■ nasty joke(story):下品な冗談
■ indelicate joke(story):下品な冗談

こんな言い方ができます

■ I don’t like the guys how like blue jokes.
下ネタ好きの男は嫌いだわ。)

■ I like the girls who love dirty jokes.
下ネタ好きの女の子が大好きだ。)

■ Nobody couldn’t stand his nasty jokes.
(誰も彼の下ネタに耐えることができなかった。)

An indicate joke will save the world.
下ネタは世界を救う。)

補足

「下ネタ」は英語では「不快な意味の形容詞+joke/story」で表現することができます。いずれの表現でも問題ないですが「dirty joke」「nasty joke」は余りにも直接的なので、「blue joke」が最も無難に使える表現でしょう。

「本当は下ネタに興味があるんだろう?」と言いたい場合は「Actually you are interested in blue jokes, aren’t you?」です。英語での「下ネタ」は名詞扱いなので冠詞「a」をつけるか、複数形にする必要があります。

コメント