「束縛する」は英語で何て言うの?

あなたは「束縛する」という言葉を聞いたらどんなイメージをしますか。親が子どもを束縛、彼氏が彼女を束縛、また逆も然り。

辞書どおりに意味を考えると、束縛は「制限を加え行動の自由を奪うこと」です。しかし、その動機は男女間の嫉妬である事がほとんどでしょう。

そんな、どろどろみまみれたイメージの「束縛する」という表現は、英語ではどう言うことができるのでしょうか。


こんな単語や表現を使います

■ tie down:束縛する、制限する
■ possessive:独占欲が強い
■ overprotective:過保護な
■ control freak:支配欲の強い

こんな言い方ができます

■ Don’t worry! I’ll never tie you down.
(心配しないで!君を束縛しないから。)

■ I hate a relationship that ties me down.
束縛されるような関係は嫌いだわ。」

■ All you want to do is tie me down, right?
(あなたは私を束縛したいだけなんでしょ、違う?)

■ Do you think my boyfriend is possessive of me?
(私の彼氏は束縛的だと思う?)

■ Can you please stop being possessive of me?
(私を束縛するのためてくれない?)

■ Parents tend to be overprotective of their children.
(親は子供に対して過保護になりがちである。)

■ My overprotective father is always asking me where I go.
過保護な父が、私がいつもどこに行くのか聞いてくるの。)

■ My boss is a control freak. He is always asking me out for dinner.
(上司が束縛してくる。いつもディナーに誘ってくるの。)

■ If you consider yourself a control freak, it’s better to try to change by yourself”
(あなた自身が束縛的であると思っているのなら、自分が変われるよう試みた方がよい。)

補足

「束縛する」の言い方は様々ありますが、表現により微妙に意味が異なります。

男女間の束縛に最も意味が近いのは「possessive」、物理的な束縛も意味するのは「tie down」、特に親から子供へ「過保護」という意味で使われるのは「overprotective」です。

「control freak」はスラングで、直訳すると「コントロール狂」といったところです。これは名詞扱いなので「a」「the」などの冠詞が必要です。

とはいえ、日本語の束縛するに最も近いのは「tie down」でしょう。「彼氏がいつも束縛してくるの」は「My boyfriend is always tying me down」です。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい簡単な英語表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

以下は当サイトのおすすめ記事です。英語コミュニケーション力をつけたい人にオススメのオンライ英会話プログラムと…

ネイティブキャンプ(Native Camp)が英語を学習する日本人になぜオススメなのか徹底解説!月額定額で話し放題のオンライン英会話が最強すぎるワケ。
女性のみなさん、高学歴高給風のイケメン外国人に話しかけられたら、スラスラと格好よく返事ができますか?…

英語コミュニケーション力を団体やグループ単位へつけさせたい担当者向けの英会話講師派遣プログラムです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならファイン(FINE)。
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしてい…

こちらも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「束縛する」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事