「金玉(キンタマ)」は英語で何て言うの?

金玉(キンタマ)とは、どんな男性にでもついている睾丸。いわゆるアレの事です。

一般的に女性は力では男性に敵わないですが暴力を振るわれてどうしようもないとき、的確に敵の「キンタマ」を蹴り逃げる事で難を逃れることができるかもしれません。

また、必要以上に男性に腹を立てている時も、ついつい「キンタマ蹴ったろか?」と思ってしま事があるかもしれません。思うかどうかは非常に個人差がありますが。

とにかく「金玉(キンタマ)」は英語では、どう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ nuts:睾丸、金玉
■ balls:睾丸
■ ballocks:睾丸、金玉
■ testicles:睾丸

こんな言い方ができます

■ It seems like you want me to kick in your nuts.
(どうやらキンタマを蹴って欲しいようだな。)

■ Please self check your balls against testicular cancer.
(精巣がんへの備えのためキンタマを自己チェックしてください。)

■ If your ballocks were replaced, the new ones would have every capability of the old.
(もしキンタマが交換されれば、新しいタマは以前の機能を取り戻すだろう。)

■ The physician checked for a hernia and found undescended testicles instead.
(医師はヘルニアかどうか診たが、ヘルニアではなく停留精巣であることが判明した。)

補足

日本語とは違い「golden balls」では「金玉(キンタマ)」持つニュアンスは伝わりません。また「金玉(キンタマ)」は2つですので全て複数形で表現されるのが一般的です。

そもそも使う機会あまりないと思いますが「金玉(キンタマ)」と言いたいとき、最も手軽に使える適切な単語は「nuts」「balls」です。一方「testicles」は医学的な単語なので日常会話には向いていないです。

「金玉(キンタマ)」は覚え易そうな「balls」で暗記して使うと良いでしょう。ちなみに「balls」は射精をするという意味にもなります。

Comments

comments