「アフィカス」は英語で何て言うの?

ネットの海からコンテンツをパクり、自分のウェブサイトやブログでゴミを撒き散らし、アフィリエイトで収益を挙げる「アフィカス」。インターネットが大好きな人なら一度は聞いたことがあるはずです。

そんな「アフィカス」はどうやって英語で表現したらいいんでしょうか。

こんな単語を使います

■ Afikasu:アフィカスに英語での概念はありません。なので日本語のままです。英語で一番近いと思われるのは、社会のくずという表現にも使える「dregs」。

アフィリエイトを意味する英単語とくっつけて「affiliate dregs(アフィリエイトのくず)」とでも言えそうでしょうが、そんな風にして使われてる例はありませんでした。

こんな言い方ができます

■ Do you know that Mary has started blogging to be came an Afikasu?
(メアリーがアフィカスになるためにブログを始めたって知ってる?)

■ Recently too many Afikasus on this blog service.
(最近、このブログサービスではアフィカスが多すぎる。)

■ I got laid of so that I have to servive as Afikasu.
(解雇されたので、アフィカスとして生き残るしかない。)

■ The number of Afikasus is increasing because of The Recession.
(不景気のせいでアフィカスが増えている。)

補足

不景気だからこそ「アフィカス」と呼ばれるネットーユーザーは増える昨今の日本。そんな「アフィカス」という概念は外国人にとっては理解し難いかもしれません。

しかし外国人のために、グローバルハッカー集団「アノニマス」が日本のアフィカスの意味を英語で説明してくれました。

What is “Afikasu” (アフィカス)?
“Afikasu” (アフィカス) is a slang term for an illegal affiliate business doing anything to generate its own ad revenue.
Most “afikasu” reprint forum logs without permission from 2ch.net and continue reprinting it without
permission while insisting that it is a reproduction from the 2channel copy site (2ch. sc) after
reproduction prohibition was decided by the self-government rule of 2ch.net.

The actual situation of “afikasu” is very stupid.

Not only do they copy forum logs, but they also tamper with the contents intentionally.
As a result, they do stealth marketing of their products and create a false impression of support for companies and groups.
“Afikasu” also post threads with sensational, attention-grabbing titles to earn a high number of pagesviews on their own site, posting it via sockpuppet accounts.
They generate controversy and fuel conflict in threads, and try to create the impression that it is the general will of 2ch.net to post discriminatory messages and create conflict.

不景気なのは日本でけではない。海外にもアフィカスが増えるかもしれませんね。

Comments

comments

「アフィカス」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
関連記事