「思い込み」は英語で何て言うの?

思い込みが激しいと、誤った情報に流されてしまったり、誤解したりしてしまいます。

外資系企業に就職している人は、毎日英語を使うし英語が上手である。海外留学をして英語をペラペラ話せる人は、アメリカ人やイギリスと人と全く同じようなレベルで英語を話せる。これらの内容も「思い込み」によるものと言えるかもしれません。

「思い込み」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ affected by ~’s prejudice:偏見に囚われている
■ ~’s own way of thinking/belief:~自身の考え方
■ ~’s own thought:~自身の考え
■ believe ~ without any doubt:疑いなく信じる
■ under the wrong impression:勘違いする
■ just ~’s imagination:ただの想像
■ misunderstand:勘違いする
■ obsessive idea:固定観念

こんな言い方ができます

■ You are always affected by your prejudice too much.
(あなたはいつも思い込み激しすぎ。)

■ It’s your own way of thinking.
(それは君の思い込みだ。)

■ That must be his own way of belief.
(それは彼の思い込みに違いない。)

■ Don’t stuck to your own thought.
思い込みに固執するな。)

■ You believe it without any doubt.
(それは君の思い込みだ。)

■ Many Japanese people are under the wrong impression that they cannot survive oversea.
(多くの日本人は海外では生きていけないと思い込んでいる。)

■ That’s just her imagination.
(あれは彼女の思い込みだよ。)

■ I misunderstood that he was cheating on me.
(あなたは浮気してるのかと思い込んでたわ。)

■ Japanese people have the obsessive idea that everyone has to get a job right after they graduate.
(日本人は卒業後すぐに就職しないといけないと思い込んでいる。)

補足

意外に沢山ある「思い込み」という表現ですが、言い回しによって使いやすさが随分と異なります。

日本語と同じ名詞として使える「~’s own way of thinking/belief」「~’s own thought」「just ~’s imagination」辺りを暗記しておけばOKでしょう。

「それは貴方の思い込みだ!」は「it’s your own way of thinking/belief!」「it’s your own thought!」「it’s just your imagination!」です。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「思い込み」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事