英語学習おすすめサービス15選!

初心者向け英語学習サービスまとめ

記事を読む

「久しぶり」は英語で何て言うの?

英語表現

最近あなたは友達や知り合いと久しぶりに会いましたか。何度か会ったことがある友達や知り合いに久しぶりに会ったとき、当たり前のように「久しぶり」と挨拶しますよね。

この「久しぶり」は、久しく(長い間)会ってない→久しぶり、となりますが、英語も長く会っていない→久しぶり、と表現することが可能です。

「久しぶり」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ long time no see:久しぶり
■ it’s been a while:お久しぶりです
■ it’s been a long time:お久しぶりです
■ nice/good/great to see you again:また会えてうれしい

こんな言い方ができます

■ Long time no see!. How’s it going?
(久しぶり!最近どうだい?)

■ Hey, what’s up man? Long time no see.
(やあ、最近どうだい?久しぶりだね。)

■ Hi Ken, it’s been a while. How have you been?
(やあケン、久しぶりだね。元気にしてる?)

■ Wow, it’s been a while, Gabriel!
(おお、久しぶりだね、ガブリエル!)

It’s been a long time. How’s everything??
久しぶりだね。最近どうだい?)

■ Oh my gosh! Are you Mike? It’s been a really long time.
(わお、おまえはマイクか?ほんと久しぶりだな。)

■ Hi Nobunaga, nice to see you again.
(やあノブナガ、久しぶりだね。)

Good to see you again, Hideyoshi! 
久しぶり、ヒデヨシ!)

■ Ieyasu! Great to see you again.
(イエヤス!久しぶりだね。)

補足

イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの英語ネイティブは「it’s been a while」「it’s been a long time」という表現も使いますが、英語はノンテイティヴ人口も多いので、ほとんどの場合において「long time no see」が使われます。

実は「long time no see」は中国語の「久しぶり(「很久不见)」にそのまま英単語を充てた文法的には正確ではない表現です。しかし、その表現のストレートさや伝わり易さから、使用人口が多く、ネイティブも多くのノンネイティブに影響されて「long time no see」を使うようになりました。言語は進化する生き物だと言うことですね。

という訳で、他の言い方もありますが「long time no see」も立派な英語です。「久しぶり」と言いたい時は「long time no see」だけを暗記して使っても問題ないです。

コメント

  1. Chelsi より:

    God, I feel like I shuold be takin notes! Great work