「貧乏ゆすり」は英語で何て言うの?

身体や足を揺らしてしまう行為である貧乏ゆすり。本人は自覚していない場合が多いですが、はたから見るとなかなか不快ですよね。主な原因はストレスからだそうです。

しかし貧乏ゆすりは、関節症や冷え性の対策になったり、ストレスの解消になったり、なんとダイエットにもなったりと、思わぬ健康効果もあるようです。 もちろん外国人だって貧乏ゆすりはします。

「貧乏ゆすり」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ restless legs syndrome (RLS): 下肢静止不能症候群、むずむず脚症候群
fidgeting:もじもじしている、貧乏ゆすり
■ jitttering:そわそわしている

※発音は単語をクリックすれば確認できます

こんな言い方ができます

Restless legs syndrome can be treated with medication.
貧乏ゆすりは投薬によって治すことができる。)

■ RLS is a disorder that causes a strong urge to move one’s legs.
貧乏ゆすりは足を動かしたいという強い衝動を起こす障害である。)

■ Actually fidgeting is good for health.
(実は貧乏ゆすりは身体によい。)

■ Please stop fidgeting.
(どうか貧乏ゆすりを止めてください。)

■ My boyfriend never stops jitttering.
(彼氏が貧乏ゆすりを止めないの。)

■ Why are you always jitttering?
(なぜいつも貧乏ゆすりをしてるの?)

補足

「restless legs syndrome (RLS)」は学術的な表現なので口語では使われません。口語では「fidgeting」「jitttering」が使われます。

貧乏ゆすりは健康には良いそうなのですが、やはり見ているとみっともないので、貧乏ゆすりをしている外国人がいたら「Please stop fidgeting!」「Please stop fidgeting jitttering!」と言って注意してあげると良さそうです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「貧乏ゆすり」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事