「所詮(しょせん)」は英語で何て言うの?

英語を勉強しても、所詮(しょせん)話せるようにはならない。英語なんて、所詮(しょせん)一部の人だけに必要なたしなみ。

こんな風に我々はふだん何気なく「所詮(しょせん)」という表現を使いますが、その意味をはっきりと理解していますでしょうか。 「所詮(しょせん)」とは否定的なニュアンスのある「結局(けっきょく)」のような意味になります。

そんな「所詮(しょせん)」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ after all:所詮、どっちみち、どのみち
■ practically/basically impossible:基本的に不可能である
■ that is the way ~ (→慣用句)

こんな言い方ができます

After all English is just a tool to communicate.
しょせん英語はコミュニケーションのツールに過ぎない。)

■ A human being is one kind of animal after all.
しょせん人類は動物の一種に過ぎない。)

After all, Ted is a bear.
しょせん、テッドは熊だ。)

■ Tom told me that he would get up at 7 o’clock but it was practically impossible.
(トムは朝7時におきると言ったが所詮むりな話だった。)

■ I tried to persuade her but it was basically impossible.
(彼女に説得を試みたが所詮むりな話だった。)

That’s the way of the world.
That’s the way the ball bounces. 
That’s the way the mop flops. 
That’s the way the cookie crumbles. 
所詮世の中なんてそんなもんさ。)

補足

「所詮」に該当する英単語ありません。強いて言うなら「After all」になりますが、表現したい内容が「不可能」のニュアンスがあるときは「practically impossible」「basically impossible」などを使う必要があります。

「所詮世の中なんてそんなもんさ」の例文については慣用句なので、文章をそのまま覚えてしまいましょう。「That’s the way of the world.」が最もとっつき易く、覚え易いです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「所詮(しょせん)」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事