「名言」「格言」は英語で何て言うの?

言葉には魂が宿っています。言葉は人を傷つけることもできるし、人を癒すこともできます。時には人の命を奪ったり、逆に人の命を救うことも。計り知れないパワーを持っているのが言葉なのです。

また、言葉は文字にして残すことができるので、私たちはネットで文章を読んだり本を読んだりしながら勇気や元気を貰うことができますよね。長文でなくとも短いフレーズで、物事の本質をうまくとらえた言葉もあります。それらのことを「名言」「格言」と言います。

ならば英語で「名言」「格言」を調べたら、ものすごいパワーを持ったフレーズに出会えるのではと思いませんか。「名言」「格言」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

witticism:名言、洒落
■ word of wisdom:名言、格言
■ maxim:格言
■ aphorism:格言、金言

※発音は単語をクリックすれば確認できます

こんな言い方ができます

■ We have enjoyed Shakespeare’s witticism.
(我々はシェークスピアの名言を楽しんだ。)

■ It seems like nobody understood my witticism.
(だれも私の名言が理解できないようだな。)

■ The book captures words of wisdom of great men.
(この本には偉人の名言が収録されています。)

■ Please hear my words of wisdom.
(どうか俺の名言を聞いてくれ。)

■ My mother advised me with the maxim “marry in haste, repent at leisure”
(お母さんは「急いで結婚してゆっくり後悔せよ」という格言を私にアドバイスした。)

■ “Don’t count your chickens before they hatch.” is my favorite maxim.
(「取らぬ狸の皮算用」は私のお気に入りの格言だ。) 

■ Maybe one day your aphorism will be so famous.
(おそらく君の格言はいつかとても有名になるだろう。)

■ He repeated his aphorism made famous in his book.
(彼は自身の格言を有名にするために著書の中で何度も繰り返している。)

■ ”The Sashimi is raw” is one of the most great aphorism I have ever heard.
(「刺身が生なんだが」は私が今まで聞いた中で最も素晴らしい格言のひとつだ。)

補足 

「名言」は主に「witticism」「word of wisdom」という2つの言い方ができますが、「witticism」はジョークや洒落というニュアンスが強いです。

「maxim」「aphorism」は厳かな偉人の格言という意味合いが強いです。中でも「aphorism」はギリシア語の「定義」という語に由来する「金言」という訳がぴったりの単語。格式が高いイメージです。

様々な言い方がありますが、一般的な「名言」という意味では「word of wisdom」が最も広く使われているので、これさえ覚えておけば大丈夫でしょう。

Comments

comments

「名言」「格言」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
関連記事