「社長」「部長」「課長」「係長」などの役職は英語で何て言うの?

日本人は外国人に比べと上下関係を気にする癖がついているため肩書きには敏感です。相手の地位によってどのような振る舞いをすべきなのか、良くも悪くも学校教育や社会生活を通して身につけている人が多いです。

いっぽう海外では日本ほど肩書きを気にする人は少ないです。特に欧米では肩書きは役員であるかないかが関心に上がるくらい。日本ほど細かく分かれていない場合が多いです。誰が誰の上司なのかも非常に曖昧な場合が多いです。

とはいえ、日本のように「社長」「部長」「課長」「係長」などといった呼び方を英語で表現することは可能です。これらの役職は英語ではどう表現すればよいのでしょうか。

こんな風に役職は表現できます

役職の呼び方は国、地域、企業によって様々です。そのため、必ずしも正しいとは限りませんが、英語での役職名をざっくりまとめると以下のようになります。

 地位 英語   補足(直訳等)
最高経営責任者  CEO : Chief Executive Officer  最も地位の高い役職
取締役会長 Chairman/Chairperson  
取締役副会長 Vice Chairman/Chairperson
 会長=Chairperson
社長 President  
副社長 Vice President   社長=President
取締役 Director  
代表取締役 Representative Director  取締役=Director
常務取締役 Managing Director  取締役=Director
事業本部長 Division Director  部長=Director
部長 General Manager  
部長代理 Acting General Manager  
課長 Manager/Section Chief  
課長補佐 Assistant Manager  課長=Manager
係長 Manager/Senior Staff  係長=Manager
主任 Chief  

お気づきかもしれませんが、Managerは課長の可能性もありますし、係長の可能性もあります。非日系企業では部長以下は同じようなスタッフメンバーとして上下関係はない事がほとんどなのです。

こんな言い方ができます

■ I was harassed by the CEO.
最高経営責任者からハラスメントを受けた。)

■ We have peed on the car of the president.
(俺たち社長の車におしっこしたった。)

The general manager said “the Sashimi is raw”.
部長は「刺身が生なんだが」と言った。)

■ I don’t want to be a  manager.
課長にはなりたくない。)

■ The average salary for assistant manager jobs is low.
課長補佐の平均給与は低いです。)

補足

英語での肩書きの言い方がたくさんあるので、覚えるのに苦労するかもしれませんが、キーとなる単語を覚えると良いです。

「CEO=最高責任者」「社長=President」 「取締役=Director」「課長/係長=Manager」辺りのイメージを持っておけば良いでしょう。殆どの役職が、何らかの単語とこれらの単語の組み合わせになります。

ちなみに、海外では現地法人のトップとして「常務取締役=Managing Director」の肩書きがよく使われています。多国籍企業の現地法人のトップは殆どがMDといっても過言ではないです。

Comments

comments

「社長」「部長」「課長」「係長」などの役職は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事