英語学習おすすめサービス厳選!

初心者向け英語学習サービスまとめ

記事を読む

「社長」「部長」「課長」「係長」などの役職は英語で何て言うの?

英語表現

日本人は外国人に比べと上下関係を気にする癖がついているため肩書きには敏感です。相手の地位によってどのような振る舞いをすべきなのか、良くも悪くも学校教育や社会生活を通して身につけている人が多いです。

いっぽう海外では日本ほど肩書きを気にする人は少ないです。特に欧米では肩書きは役員であるかないかが関心に上がるくらい。日本ほど細かく分かれていない場合が多いです。誰が誰の上司なのかも非常に曖昧な場合が多いです。

とはいえ、日本のように「社長」「部長」「課長」「係長」などといった呼び方を英語で表現することは可能です。これらの役職は英語ではどう表現すればよいのでしょうか。

こんな風に役職は表現できます

役職の呼び方は国、地域、企業によって様々です。そのため、必ずしも正しいとは限りませんが、英語での役職名をざっくりまとめると以下のようになります。

 地位 英語   補足(直訳等)
最高経営責任者  CEO : Chief Executive Officer  最も地位の高い役職
取締役会長 Chairman/Chairperson  
取締役副会長 Vice Chairman/Chairperson
 会長=Chairperson
社長 President  
副社長 Vice President   社長=President
取締役 Director  
代表取締役 Representative Director  取締役=Director
常務取締役 Managing Director  取締役=Director
事業本部長 Division Director  部長=Director
部長 General Manager  
部長代理 Acting General Manager  
課長 Manager/Section Chief  
課長補佐 Assistant Manager  課長=Manager
係長 Manager/Senior Staff  係長=Manager
主任 Chief  

お気づきかもしれませんが、Managerは課長の可能性もありますし、係長の可能性もあります。非日系企業では部長以下は同じようなスタッフメンバーとして上下関係はない事がほとんどなのです。

こんな言い方ができます

■ I was harassed by the CEO.
最高経営責任者からハラスメントを受けた。)

■ We have peed on the car of the president.
(俺たち社長の車におしっこしたった。)

The general manager said “the Sashimi is raw”.
部長は「刺身が生なんだが」と言った。)

■ I don’t want to be a  manager.
課長にはなりたくない。)

■ The average salary for assistant manager jobs is low.
課長補佐の平均給与は低いです。)

補足

英語での肩書きの言い方がたくさんあるので、覚えるのに苦労するかもしれませんが、キーとなる単語を覚えると良いです。

「CEO=最高責任者」「社長=President」 「取締役=Director」「課長/係長=Manager」辺りのイメージを持っておけば良いでしょう。殆どの役職が、何らかの単語とこれらの単語の組み合わせになります。

海外では現地法人のトップとして「常務取締役=Managing Director」の肩書きがよく使われています。多国籍企業の現地法人のトップは殆どがMDといっても過言ではないです。

法人向け英語講師派遣サービスまとめ!定額で日本全国に英会話講師を派遣するならFINE(ファイン)英会話!
楽天、ユニクロ、アサヒビール。国際化に揺れるなか、昨今では英語を公用語化したり、海外取引を増やしている企業が増えています。 そのような中、会社経営者や人事担当者の方は… 「自社社員の英語力を強化を図らねば」 「生き残るために海外取引も視野に入れなければ」 「海外取引をしているが社員たちが英語が苦手で…」 などとお困りではないでしょうか? たとえTOEICや英検などの資格を持っていても資格と英語コミュニケーション能力は別物です。たとえば、TOEIC800点、英検準1級持っているのに、海外取引先の電話に苦労する社員がいる。英語ミーティングでなかなかスムーズに話を進めることができない。 そんな風にお困りの研修担当者や人事担当者には、会社内全体で英語コミュニケーションの能力の強化を試みることをオススメします。
話題のLOBiエデュケーションのオンライン英会話をご存知ですか?これで無理なら英語は諦めよう!究極の英語学習プログラムについて解説します!
LOBiエデュケーションは2015年にスタートした新しい英会話スクールです。 日本語の言語的特性や日本人特有の性格から、英語ができず世界中に迷惑をかけている日本人である私たち、一体どうすれば英語ができるようになるのか? そんなことを徹底的に研究しリサーチを重ねて開発されたのがLOBiのメソッドです。 先ずLOBi認定コーチの写真を見てみてください。アジア系で日本人の方もいます。 よく日本人英語学習者にありがちなのが「欧米人講師を好み勝ちである」という傾向。ほんっと「形から入るな!」と言いたいです。 そりゃあ、ある程度のレベルまで到達して、英語の練習相手が欲しいなら欧米人講師も悪くないです。しかし最初から欧米人講師から学ぶと挫折しやすいです。 彼らはもともと英語ネイティブなので言語をゼロから学ぶという経験をしたことがない。だから言語をゼロを学習するメソッドなんて教えることはできないからです。 その点、元々は英語を話すことができない非ネイティブかあスタートして、ネイティブ級にのぼりつめた人は「学習者の感覚・気持ち」「具体的にどう取り組めば上達するのか」など知っているので、頼りがいがあります。 例えば、あなたは日本語力ゼロの外国人に、日本語を効率的に教えることができますか?おそらく日本語教育を学んだプロでも難しいと思います。なぜなら貴方は日本語のネイティブだからです。 外国人が日本語力がゼロで学習し始める場合も、私達の日本語ネイティヴから学ぶより、非ネイティブで日本語ができるようになった人から学ぶ方が効率的なのは火を見るより明らかなんです。 そのため、認定コーチとして日本人を含めたアジア人英語講師の写真を持ってくるあたり、LOBiエデュケーションは「よく分かっているな!」と感じました。 さて、次にLOBiエデュケーションの公式ページを覗いてみてください。開発されたメソッドが漫画で分かりやすく説明されています。

コメント