「悔しい」は英語で何て言うの?

試験に落ちて悔しい。試合に負けて悔しい。英語は喋れなくて悔しい。一部の神がかり的な天才を除いて、誰でも「悔しい」と思いをした事が多々あると思います。

映画やドラマで、悔しい思いをしたからこそ、それが次回に備える原動力となる、なんていう展開で話が進んでいくこともよくありますよね。

そのような「悔しい」は英語では表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ frustrating:悔しい、イライラする
■ frustrated:挫折した、失望した
■ mortifying:腹が立つ、悔しい
mortified:悔しい
■ vexing:腹の立つ、イライラさせる
vexed:困った、イライラした
■ upset:動揺させる、苦しめる
■ regret/regretful:後悔する、悔しく思う

※発音は単語をクリックすれば確認できます

こんな言い方ができます

■ How frustrating, but I never give up.
悔しい、だけど絶対あきらめない。)

■ It was really frustrating that I failed the exam.
(試験に落ちてすごく悔しかった

■ I am so frustrated that I cannot speak English.
(英語が話せないのがすごく悔しい。)

■ We have lost the game and we are extremely frustrated.
(試合に負けて本当に悔しい。)

■ It’s mortifying that my boyfriend was stolen by my friend.
(彼氏を友達に寝取られて悔しい。)

■ I was so mortified that I cried all night long.
悔しかったので一晩じゅう泣いた。)

■ It is vexing to have to admit you are wrong.
(きみが間違っていると認めるのは悔しい。)

■ I was so vexed that I couldn’t hide my feelings.
悔しすぎて感情を抑えることができなかった。)

■ I am upset at myself that I cannot do anything.
(何もできない自分が悔しい。)

■ II feel upset that I cannot speak English.
(英語が話せないのが悔しい。)

■ I regret that I was not able to participate in the Olympics.
(オリンピックに出場できなくて悔しい。)

■ It’s so regretful that I couldn’t help you at all.
(あなたを助けることができなくてとても悔しい。)

補足

「悔しい」は「dissapoint(失望させる)」「regret(後悔する)」などの単語を使って表現することもできますが、最も日本語の「悔しい」のニュアンスに近いのは「frustrated」です。

「mortified」や「vexed」は、ハンカチを噛み千切るようなイライラを表す単語なので、瞬間的な怒りの感情で「悔しい」といいたい時に最適です。とはいえ「frustrated」でも代替可能なので「悔しい」は「frustrated」と暗記して使うとよいでしょう。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「悔しい」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事