「リア充」は英語で何て言うの?

掲示板、ブログ、SNSなどのネット上ではなく、現実のリアルな生活が充実しているという事を意味するスラング「リア充」。

リア充の人たちは、わざわざブログやSNSなどの仮想で、現実(リアル)の生活が充実している姿をアップする事から、バーチャルの人々に対して喧嘩を売っていると思われることもしばしば。

そんな「リア充」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ normalfag:リア充
■ fulfilling life:充実した生活
■ good social life:良い社会生活
■ live life to the max:充実した生活を送る
■ hipster:流行に敏感な人

こんな言い方ができます

■ A:My boyfriend bought me an apartment. B:Fuck off normalfag!
(A:私の彼氏がアパート買ってくれたんだ。B:うぜえよリア充!)

■ Do you know that recently Tom is living a fulfilling life
(最近トムがリア充だって知っている?)

■ I hate the people who are showing off their good social life.
(私はリア充自慢する人たちが嫌いだ。)

■ Many people are looking for the ways to live life to the Max.
(多くの人々がリア充になる方法を模索している。)

■ Actually I don’t like hipsters but my boyfriend is the one.
(実は私はリア充が嫌いなんだけど、私の彼氏はそうなの。)

補足

基本的に日本語の「リア充」は英語にはない概念なので、「fulfilling life(充実した生活)」「good social life(良い社会生活)」という単語を駆使して表現する必要があります。しかし、最も近い英語のスラングに「normalfag」があります。

「normalfag」は、仮想ではない「普通」を意味するnormal に「~厨」を意味する「~fag」がくっついたスラングです。「hipster」は、リア充というよりは「流行に敏感な人」を意味する単語ですが、場合によってはリア充と訳せなくもないと思われます。人によっては伝わらないかもしれないですが、「リア充」と一言で表現したい場合は「normalfag」が便利かもしれません。

ちなみに「ネット厨」は「net fag」、「マック厨」は「mac fag」、「萌え厨」は「moe fag」と表現することもできます。

Comments

comments