「誰得(だれとく)」は英語で何て言うの?

最近ネット上で良く目にするようになってスラングの1つに「誰得(だれとく)」という単語があります。みなさんも一度は掲示板やブログなどで目にしたことがあるのではないでしょうか。

「誰得」は言葉の通り「誰が得をするんだよ?」の略で、ネット上に公開された内容が、想像を絶するほど無価値で、閲覧者が呆気にとられた時に発する表現です。2005年に2ちゃんねるから広まったと言われています。

このような「誰得」を英語で言いたい場合、どのような表現が可能なのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ How meaningless that is! :なんて無意味なんだ
■ How pointless that is!:なんて的外れなんだ!
■ No one gets the profit!:誰も得しない!
■ Who gets the profit?:誰が得するの?

こんな言い方ができます

■ Premium Friday? I am working in f&b industry. How meaningless that is!
(プレミアムフライデー?おれは飲食業界で働いてるんだよ。誰得だよ!

■ My friend posts many pictures on Instagram but she doesn’t have any friends on it. How pointless that is!
(友達がインスタグラムに沢山写真をあげてるんだけどインスタグラムで友達が全くいないんだ。誰得!)

■ I was told to work overtime but there is no task to do. No one gets the profit!
(残業しろと言われたんだが仕事がない。誰得!

■ Japanese are working overtime and goofing off. Who gets the profit?
(日本人は残業して怠けてる。誰得?

補足

「誰得」とは平たく言えば「無価値」「無意味」の強調表現。そのため「meaningless」「pointless」を感嘆文にして表現するとそのニュアンスを伝えることができます。

使える場面は少し限定されますが、誰の利益にもならない事をそのまま英文にして「No one gets the profit!」と表現することもできそうです。また、使える状況はさらに限定されますが、日本語と同じように「Who gets the profit?」を「誰得」として使うこともできなくはないです。

とはいえ「How meaningless that is!」「How pointless that is!」が最も日本語の「誰得」のニュアンスに近いので、これを暗記して使うのがよさそうです。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「誰得(だれとく)」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事