「しける」「しけてる」は英語で何て言うの?

すごく盛り上がりそうなイベントに誘われた人が、その誘いを断ったとき「しけてるな」「しけてんな」と思ってしまう事はないでしょうか。または誰かが断った人に対してそう言っている場面を見た事はないでしょうか。

「しける」「しけてる」とは、単純に「湿る」という意味もありますが、場の雰囲気が悪くなること、格好がぱっとしないこと、興ざめしてしまうこと、という意味で使われることが多いです。

もともと「しける」とは、不天候で海が荒れた時に不漁であることを意味する「大しけ」から来た言葉です。そこから転じて「場が盛り上がらない」という意味になりました。

また「湿気」を活用させた「湿気る」から来たとも言われています。滅多に漢字表記はされませんが、漢字で書くと「時化(しけ)る」となます。主に関西で使われている方言です。

このような「しける」「しけてる」は、英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ suck/sucks:つまらない、最悪
■ wet blanket:しらけさせる人
■ killjoy:水を差す人、場を白けさせる人
■ be/get damp/soggy:湿気る、しける
■ gloomy:薄暗い、憂鬱にさせる

こんな言い方ができます

■ The concert tickets sold out? That sucks.
(コンサートチケットが売り切れてるだって?しけてんなぁ。)

■ John, you are such a wet blanket.
(ジョン、おまえはしけてる奴だなぁ。)

■ You cannot come today? You are such a killjoy.
(今日これないだって?しけてる奴だな。)

■ These cigarettes are damp.
(このタバコしけてる。)

■ The crackers on the table get soggy.
(机の上にあるクラッカーがしけてる。)

■ Today your face is so gloomy.
(今日おまえの顔ほんとにしけてんなぁ。)

補足

場の雰囲気が悪くなることの方の意味で使われる「しける」「しけてる」はほとんどの場合「suck/sucks」で表現することができます。

しかし「その場をしらけさせる人」というニュアンスを表したい場合は「wet blanket」「killjoy」のほうが適切です。

「wet blanket」は、家事の際に濡れた毛布を火に被せて消火していたことから、盛り上がった雰囲気を一気に火を消すかのように意気消沈させてしまう様子を表した表現。「killjoy」は単純に「joy(楽しみ)」を「kill(殺す)」という意味から来ています。

「damp」「soggy」は湿らせる、濡れるといった意味の表現。「gloomy」は薄暗い、鬱陶しいといった意味の表現。人の表情などがしけてる時に使えます。

「しける」「しけてる」は状況によって単語を使い分けないといけないので、少し表現が難しいですが「suck/sucks」がもっとも広い意味を包括しています。

とりあえず先ずは「しけてる=suck/sucks」を暗記して使って慣らしていくしかなさそうですね。

サイトマップ

当サイトではサイトマップを作成しています。

サイトマップ(SITEMAP)
「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?」に訪問いただきありがとうございます。このページは…

英語では表現しにくい日本語のスラングや言い回しを、できるだけ外国人に分かりやすい英語の表現でまとめています。

他の表現にも興味があれば、ぜひ覗いてみてください。

「しける」「しけてる」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事