「司会者」は英語で何て言うの?

海外でミーティングや講演会などに出席したことはありますか。海外または英語環境で、そういう会に出席したときも、ふと「あの司会者の人が・・・」言いたくなる時があります。

「司会者」は英語でどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ MC(master of ceremony):司会者、司会進行役、進行係
■ facilitator:進行役、司会者、まとめ役、
■ moderator:仲介者、議長、司会
■ chair(chairman,chairwoman,chairperson):議長、司会者
■ presenter:テレビ・ラジオ番組の司会者
■ TV host:テレビのショーなどの司会者
■ compere:テレビのショーなどの司会者
■ toastmaster:宴などの司会者

こんな言い方ができます

■ Don’t you think that MC is very handsome?
(あのMCの人すごくハンサムだと思わない?)

■ Next time Mary will act as a facilitator for the meeting.
(次回はメアリーが会議の司会を務めます。)

■ If you wants to works as the contest moderator, please let me know.
(もしコンテストの司会者をしたかったら、教えてくれ。)

■ Tom is supposed to take up the post of the chairman.
(トムが司会者に就任することになっている。)

■ I want to work as a television presenter in the future.
(将来はテレビ司会者として働きたい。)

■ Please change the channel. I don’t like the TV host on this TV show.
(チャンネルを変えてくれ。この番組の司会者は嫌いなんだ。)

■ Anyone who wants to compere the new game show?
(新しいゲームショーの司会をしたい人はいる?)

■ I was just given an introduction as by the toastmaster, my name is Taro.
司会よりご紹介に預かりました、太郎と申します。)

補足

見ての通り日本語の「司会者」は、英語では様々な言い方があります。それぞれの特徴は単語に書いている日本語訳の通り。

「chair(chairman,chairwoman,chairperson)」だけは「議長」「会長」などといった意味があるので、社会的ステータスの高い人に対して使われることが多いです。

日本語でもよく使う「MC」は、英語でもそのまま使えます。あと「facilitator」もばっちり「司会進行役」という意味なので使いやすいです。「compere」は動詞としても使われるので用法には注意です。

Comments

comments

「司会者」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
関連記事