「顔を出す」は英語で何て言うの?

パーティーや飲み会など、仲のよい友達からのお誘いがあったけど、都合がつかなかったり忙かったりして、出席できない時ってありますよね。

毎回断ると少し申し訳ない気持ちになっくるけど、今回の飲み会は途中からなら参加できそうだ。そんな時に私たちは、会うために立ち寄る意味として「顔を出す」という表現を使います。

海外でも、もちろん「顔を出す」と表現したい状況に陥ることがあります。「顔を出す」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使います

■ put in an appearance:顔を出す、現れる、出席する
■ make an appearance: 顔を出す、現れる、姿を見せる
■ pop in:立ち寄る、現れる
■ drop by:顔を出す、立ち寄る

こんな言い方ができます

■ I will put in an appearance at the party.
(パーティーに顔を出す

■ We have to put in an appearance at the funeral tomorrow.
(明日お葬式に顔を出さなければいけないんだ。)

■ I will make an appearance at your wedding party.
(君の結婚式に顔を出すよ。)

■ Mary told me that She makes an appearance at your party.
(メアリーが君のパーティーに顔を出すって言ってたよ。)

■ Tomorrow I’ll pop in to your house.
(明日きみの家に顔を出すよ。)

■ He might drop by your office today.
(彼は君の事務所に顔を出すかもしれない。)

補足

「顔を出す」は中国語には「出面(チューミェン))」という同義の表現があります。しかし英語にはないので、それに近い表現のイディオムを使わざるを得ません。

「put in an appearance」「make an appearance」は場所を示す際は「at ~」をつけます。この2つは少し堅い表現です。

「pop-in」も「~に顔を出す」と言いたい場合は前置詞「to」が必要です。「pop-in to」で覚えてしまってもよいかもしれません。どちらかと言うと「pop in」「drop by」はフランクな表現ですが、ビジネスシーンでも使えます。

「顔を出す」は、短くて使いやすそうな「pop in」「drop by」で覚えてしまった方がよさそうです。

Comments

comments

「顔を出す」は英語で何て言うの?
この記事をお届けした「EIGORIAN.NET~それは英語で何て言う?~」の最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
関連記事