「妥協する」は英語で何て言うの?

英語表現

長い人生、できれば「妥協」せずに生きていきたいものですよね。

とはいえ、様々な場面で「妥協」せざるを得ない状況に陥ることは誰もが経験しているでしょう。自分の意思や意見を通すことは大切ですが、ときに「妥協する」ことも大切です。

そんな「妥協する」は英語でどのように表現するのでしょうか?

こんな単語や表現を使います

■ Compromise:妥協する
■ Not be able to come to agreement:妥協する

こんな言い方をします

■ Sometimes you need to compromise, you can’t push people too much.
(たまには妥協することも必要だよ、人を押しすぎではダメだよ。)

■ I didn’t want to compromise, but I need to think about my problems at home, and there was no choice.
妥協はしたくなかったけど、家庭の事情を考えると選択の余地はなかったんだよ。)

■ What else can I do? I think I’ve compromised and accepted your needs.
(他に何ができると言うの?僕はかなり妥協して、あなたの要求を受け入れたつもりだよ。)

■ You don’t need to compromise. If you are not happy with this job, you just need to look for another job, you don’t need to stay.
妥協することはないんだよ。もしこの仕事が好きでないなら、別の仕事を探せばよいだけだよ、この仕事に固執することはないよ。)

■ I didn’t like his offer and he didn’t like my offer.  So we negotiated about it for several times, but I wasn’t able to come to agreement.
(お互いのオファーに満足できなかったので、彼と何度か交渉したけど、結局妥協することとなったよ。)

■ She wasn’t able to come to agreement, and she looks so unhappy.
(彼女は妥協せざるを得なかったので、とても不満そうだよ。)

補足

「妥協する」は通常「compromise」と表現され、日常会話でも、またビジネスシーンでもよく使われる便利な単語です。

また「not be able to come to agreement」はビジネスシーンや議論の場で良く用いられ、直訳すると「合意に達することができない」と言う意味になり、そこから「妥協する」という意味合いで使われることも多くあります。

また「妥協」せずに自分の意見を通し続けることは「stick to my standpoint」や「never change my mind」などを使って表現されます。これらのフレーズも併せて覚えておくと便利でしょう。

コメント