「ボーッとする」は英語で何て言うの?

英語表現

寝不足なときや疲れていると時に、ボーっとしてしまうことはないでしょうか。そうなると仕事のパフォーマンスは落ちますし、人との会話でさえ上手くできなくなります。

ボーっとしてしまう原因は、睡眠不足、睡眠過多、脳の酸素不足、脳の栄養不足など様々あります。ボーっとしないようにする為には、普段から規則正しい生活を心がける必要があります。

もちろん、外国人も不規則な生活を送ってたり考え事をしているとボーっとしてまう事があります。寧ろ日本人よりもそういう人が多いかもしれないぐらいです。

「ボーッとする」は英語ではどう表現したらよいのでしょうか。

こんな単語や表現を使いますおk

■ stoned:ボーっとしている
■ in a daze:呆然とさせる、放心させる
■ daydream:空想にふける
■ out of it:ボーッとしている、目が覚めていない

■ space out:ぼんやりする、ボーッとする

こんな言い方ができます

■ Dude, why are you stoned?
(おい、なにボーっとしてやがる?)

■ I was so stoned last night.
(昨晩すごくボーっとしていた。)

■ I have been in a daze since yesterday.
(昨日から頭がボーっとしてるんだ。)

■ Oops! Sorry I was just in a daze.
(おっと、ごめん少しボッーっとしていた。)

■ She is always daydreaming in the classroom.
(彼女はいつも教室でボーっとしている。)

■ Actually, my bobby is daydreaming.
(実は、僕の趣味はボーっとすることなんだ。)

■ Due to lack of sleep I was out of it today.
(寝不足で今日はボーっとしていた。)

■ Sorry I am a bit out of it today.
(ごめん、今日は少しボーっとしている、)

■ I was spacing out while teacher was talking.
(先生が話をしているときボーっとしていた。)

■ Could you tell me again? I was just spacing out.
(もう一度言ってくれる?少しボーっとしていたよ。)

補足

英語では「ボーッとする」の表現が沢山ありますが、いずれの表現も微妙にニュアンスが異なります。

「stoned」は麻薬やお酒を飲んで、言葉の通り「石のようにボーっとすること」を意味します。「in a daze」は薬やショックなどで放心させられるような状態。「daydream」も、言葉の通り空想にふけってボーっとすることです。

「out of it」は悩み事や寝不足などで集中できない様子、「space out」は物事に集中できなくて様子を表します。したがって「As I was out of it, I kept spacing out」と言うこともできます。

案外「stoned」という表現が使われることが多いですが、その日の状態がボーっとしている時は「out of it」を、一時的なボーっとしている状態を言いたい時は「space out」を使った方が無難かもしれません。

おすすめオンライン英会話

当サイトおすすめのコスパ重視オンライン英会話サービス5選を纏めました。

英会話が出来るようになる為には、とにかく沢山アウトプットし使い慣らすことが大切です。

これらの英会話サービスの無料体験を使い倒すだけでも、海外旅行に十分な英会話力を身につけられます。

せひ試してみてください。

順位 名前 月額 時間 講師 無料 体験
ネイティブキャンプ 6,480円 25分 多国籍 1週間 体験
2 EFイングリッシュライブ 8,910円 25分 欧米多国籍 1週間 体験 
3 レアジョブ英会話 4,680円  25分 フィリピン、日本 3回 体験
4 DMM英会話 6,480円  25分 多国籍 2回 体験
5 Kimini英会話 5,480円 25分 フィリピン 10日 体験

 

英語表現
EIGORIAN.NET

コメント