「KKO(キモくて金のないオッサン)」は英語で何て言うの?

英語表現

「KKO(けーけーおー)」という略語を見かけたことはありますか?

昨今ネット界隈で、収入や資産も少なく容姿にも恵まれない中年世代は「キモくて金のないオッサン」、略して「KKO (けーけーおー)」と呼ばれています。

特にサブカル界隈でよく用いられる言葉で「KY(空気読めない)」などと同様、そのまま言うとストレートすぎる言葉を略した日本語独特の表現です。

そんな「KKO (けーけーおー)」は英語でどのように表現するのでしょうか?

こんな単語や表現を使います

■ A gross old man with no money:KKO(キモくて金のないおじさん)
■ A creepy beggar:KKO(キモくて金のないおじさん)

こんな言い方をします

■ Look at him! He’s such a gross old man with no money!
(見て!彼はなんてKKOなんだろう!)

■ Everyone says that he is a gross old man with no money but I don’t think so. Yes, he is an old man and poor but he’s not gross. He’s just strange.
(みんな彼のことKKOって言うけど、僕はそう思わないな。確かに歳とっていてお金ないけど、キモくはないと思う。単に変わってるだけだと思う。)

■ I don’t want people to call me ‘a gross old man with no money’, as it is not true!
KKOとは呼ばれたくないな!だってそれは真実じゃないからさ!)

■ There are many creepy beggars around my work, so I don’t want to walk around on my own.
(私の職場の周りにはKKOがいっぱいいて、一人では歩きたくないわ。)

■ A creepy beggar was following me this morning. Should I report the police?
(今朝KKOに後をつけられたの。警察に言うべきかしら?)

■ Did you call me a creepy beggar? How nasty you are! That is not true! You should apologise!
KKOって言ったね?ひどいよ。それは真実ではないから謝ってくれるかい!)

補足

英語では「KKO」に相当するような「キモくて金のないおじさん」を表現する略語はありません。そのため「キモくて金のないおじさん」を意味する表現をそのまま使います。

「creepy」は「気持ち悪い」と言う意味で、ホラー映画や恐怖の体験をしたときなどにも良く使われる単語です。

また「gross」は「気持ち悪い、不快な」の意味のほか、「全体の」を表す意味もあり、「gross salary(税込給与額)」というような表現が日常的に使われます。

こちらも併せて覚えておくと便利です。

おすすめオンライン英会話

当サイトおすすめのコスパ重視オンライン英会話サービス5選を纏めました。

英会話が出来るようになる為には、とにかく沢山アウトプットし使い慣らすことが大切です。

これらの英会話サービスの無料体験を使い倒すだけでも、海外旅行に十分な英会話力を身につけられます。

せひ試してみてください。

順位 名前 月額 時間 講師 無料 体験
ネイティブキャンプ 6,480円 25分 多国籍 1週間 体験
2 EFイングリッシュライブ 8,910円 25分 欧米多国籍 1週間 体験 
3 レアジョブ英会話 4,680円  25分 フィリピン、日本 3回 体験
4 DMM英会話 6,480円  25分 多国籍 2回 体験
5 Kimini英会話 5,480円 25分 フィリピン 10日 体験

 

英語表現
EIGORIAN.NET

コメント